アーセナルはPSGのスター選手を大胆に起用する計画。 マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが1億ポンドのチャンス獲得

アーセナルはキリアン・ムバッペ選手にオファーを出す予定だが、契約の行き詰まりによりマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーにトップターゲットを獲得するチャンスが与えられる…

ムバッペがアーセナルへ?
報道によると、アーセナルは今夏、パリ・サンジェルマンのスーパースター、キリアン・ムバッペとの契約でガブリエウ・マルティネッリを起用する可能性があるという。

フランスのクラブが来夏の契約が満了する前にフランス代表選手を獲得するために彼を売りに出した後、PSGができるだけ早くムバッペを放出したいとの最新ニュース。

PSGはムバッペに裏切られたと感じているようだ 彼らは、彼が12か月後の契約終了時にレアル・マドリードに加入するという契約前の合意にすでに署名していると確信しているからだ。

噂工場をメルトダウンさせた サウジアラビアのチームだけでなく、プレミアリーグの多くのクラブも移籍の可能性を示唆している。

そして最新のものは次から来ています サッカーの移籍は、アーセナルが「ムバッペを注視しており、2024年にフランス人選手と契約するためにガブリエウ・マルティネッリを補強選手として起用する可能性がある」と主張している。

ムバッペはエミレーツ・スタジアムで「クラブと提案されているプロジェクトを賞賛している」が、「ガナーズが移籍を確実にできるかどうかは疑問」がまだある。

同紙は、アーセナルが「ムバッペ獲得のパッケージを用意しているが、スーパースターへの移籍は来年1月か、その後の夏の移籍市場になるだろう」と付け加えている。

ムバッペへの関心について問われたアルテタは昨日記者団に対し、「ご存知の通り、私は我々のクラブでプレーしていない選手については決して話さない。 ごめんなさい”。”

ファブリツィオ・ロマーノはPSGでのムバッペの現在の状況をより詳細に説明したと、自身の著書で書いている。 オフサイドを捕らえられた コラム:「キリアン・ムバッペの将来は今や彼の手の中にある。契約を結ぶための具体的な期限はない。決めるのはキリアンだからだ。」 PSGはムバッペが市場に出ていることを明確にしており、できるだけ早く解決策を見つけたいと考えている。

「他のクラブと具体的な話し合いが行われたことは知らない。 現実には、サウジとしては記録的な入札額で挑戦したいと考えているが、レアル・マドリードがキリアンのお気に入りの移籍先であることは関係者全員がよく知っている。 レアル・マドリードは沈黙を保っているが、PSGが今夏キリアンの獲得に明確な価格を提示するのを待っている。

「ムバッペがPSGのチャンピオンズリーグのチームに入るなどの技術的な問題についてはまだ何も決定されないが、PSGはシーズン中にムバッペや計画にない他の選手とプレーしたくないという計画だ」

「ムバッペが契約満了まで残留することを決めた場合、彼はシーズンを通してベンチに留まるだろう。これが今日の時点での意向だ。 彼らは各クラブに入札を奨励しており、今夏に解決策を見つけるよう彼に提案している。

「現時点でサウジのクラブとの間で具体的なことは何もないが、彼らはムバッペの獲得に天文学的な世界記録を狙うつもりだ。 それでも、世界中の誰もがそうであるように、彼らもムバッペの心の中ではレアル・マドリードであることを知っている。」

マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーに希望の光
イタリアの報道によると、ビクトル・オシムヘンとナポリの今夏の契約交渉は依然として膠着状態にあるようだ。

24歳の彼は昨シーズン、イタリアチームとしてセリエAで32試合に出場し26ゴールを記録し、ナポリはタイトル獲得への猛攻で33年ぶりのスクデットを獲得した。

そして、その輝かしいフォームにより、この夏、実績のあるゴールスコアラーを探している多くのエリートクラブが、ヨーロッパ中のナイジェリア代表に多くの求婚者を獲得した。

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ストライカー獲得に1億6000万ユーロという巨額の提示額を掲げてクラブを常に困惑させてきたが、オシムヘンが移籍を模索すればその金額は下がる可能性がある。

セリエA側はオシムヘンを新たな条件で結び付けようとしているが、イタリアのメディアは コッリエレ デッロ スポーツ ストライカーの代表者とナポリとの交渉は依然として停滞していると主張している。

そしてそれは次への扉を開く可能性があります マンチェスター・ユナイテッドかチェルシー プレミアリーグの両クラブがオシムヘンに興味を持っており、今夏ストライカーを探している。

主な障害の一つはオシムヘンの契約解除金で、ナポリは契約金を1億7300万ポンドに設定したいと考えているが、ストライカーは1億ポンドで十分だと考えている。

そして残りは…
トッテナムのストライカー、ハリー・ケインの妻がミュンヘンで目撃され、バイエルン・ミュンヘンへの移籍の可能性を前に物件や学校を探している…チェルシーがアヤックスと連絡を取り、攻撃的ミッドフィールダーのモハメド・クドゥスとの契約に興味を示している…ジョーダン・ヘンダーソンがリヴァプールからサウジのアル・エティファクへ1200万ポンドで移籍する前にメディカルチェックを終えた…インテル・ミラノはベル移籍後、チェルシーからロメル・ルカクと再契約するのは不可能だと考えているギウムのストライカーはライバルのACミランとユベントスに移籍の可能性について打診…ガラタサライはクリスタル・パレスとの契約満了後フリーエージェントとなっているウィルフリード・ザハに年額800万ポンドの契約をオファー…ルイス・スアレスはグレミオを離れインテル・マイアミで元バルセロナのチームメイト、リオネル・メッシと再会するために自腹で支払う用意がある。

Related articles

Comments

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share article

Latest articles

Newsletter

Subscribe to stay updated.