サッカー界に女性がいることは良いことだが、TNTスポーツはそれをやりすぎている

プレミアリーグやチャンピオンズリーグのテレビ中継チームの一員として女性を見たり、男性の試合で女性が解説しているのを聞いたりするのが普通のことだと思われるほど、サッカーが進歩したことは素晴らしいことだ。

それほど昔のことではありませんが、女性が男子競技の中心にいるという考えは、大きな禁物であると考えられていた時代があったと言わなければなりません。

ローラ・ウッズやアレックス・スコットらのような選手たちがどれほど完璧なプロ意識と知識を持っているかを考えると、依然として男性優位のエリートフットボールの世界に女性の立場がないと信じている人たちには疑問を持たなければならない。

元スーパーエージェントのジョン・スミスは、より公正なセックスによる進歩を喜んでいるが、TNTスポーツの新参者たちに対してかなり強い言葉をかけている。

TNTスポーツ

「女性の監督やコーチが優れていて、男子の試合で活躍する必要があるのであれば、伝統的に男性が多い役割に女性が注目されるのは素晴らしいことだと思う。 マーケティングの観点からも、女性がゲームのあらゆる側面に参加していることは素晴らしいことだと思います。 それは雄弁に物語っていると思います」と彼は独占コラム「CaughtOffside」で書いた。

「1989 年に ITV で放送されていた番組、『The Manageress』を覚えていますか。シェリー・ランギ主演だったと思います。」 当時、私たちはそれをプロモーション用に使用していました。それはフィクションではありましたが、女性が男性のゲームに侵入するという考えは、当時からかなり昔のことでした。 それはすでにそこにありました。

「スカイとBTのすべてのマッチデーイベントに女性を起用し始めたとき、これは単なるチェックボックスのチェックの練習ではないかと本当に思いましたが、彼女たちのほとんどは本当に優秀で、自分が何を言っているのかを理解しています。 なぜそうしないのでしょうか?

「それは効果があったと思うし、性別の壁は確実に下がっているが、TNTスポーツが全員女性のプレゼンターチームを持つのは多すぎる。 マイノリティーが戦わなければならないのはわかっていますが、完全に女性の乗組員というのはバランスが取れません。

「個人的には、それが行き過ぎた場合に問題があります。私の意見では、TNT はそれを実行しました。」

TNT スポーツに対するスミスの見解自体は時代遅れだと思われるかもしれませんが、彼が言うように、適切なバランスを取ることが重要です。

平等な競争の場を持ち、性別に関係なく最も適任者に仕事を与えるという点で放送局の姿勢を「和らげる」には、誰かが逆に行き過ぎてはいけないと認識させる点も必要だ。

チャンネルにとって最も望まないのは、TNT スポーツが単なるチェックボックスにチェックを入れているだけだと感じて、加入者が一斉に視聴をやめることです。

Related articles

Comments

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share article

Latest articles

Newsletter

Subscribe to stay updated.