Home リーグ リーグ・アン チェルシーの若々しい追求:エリー・ワヒの移籍とローンに向けた事前交渉

チェルシーの若々しい追求:エリー・ワヒの移籍とローンに向けた事前交渉

0
チェルシーの若々しい追求:エリー・ワヒの移籍とローンに向けた事前交渉

チェルシーは20歳のフォワード、エリ・ワヒの獲得に向けてモンペリエと交渉を進めている。

この若手にはプレミアリーグの複数のトップクラブから関心が集まっているが、チェルシーが交渉をリードしており、彼と契約し、来季にレンタルするつもりのようだ。

クラブの戦略は2つあるようだ。長期的にトップチームを強化することと、将来に向けて若い才能を積極的に獲得することだ。 トッド・ボーリー氏による新たなオーナーの下で、チェルシーは今後数年間に向けて強固な基盤を築くために、さまざまなリーグや大陸から有望な選手と契約することに重点を置き、移籍市場で積極的に取り組んできた。

ワヒは、チェルシーが切望する若手リストに新たに加わった選手だ。 モンペリエで素晴らしいシーズンを送ったにもかかわらず、彼はトップクラブでスターターとしての地位を確立することを目指し、レギュラー出場時間を獲得するためにレンタルされるという考えに前向きかもしれない。

ブルーズはモンペリエとの契約をまとめることに熱心で、ローン先での彼の成長を注意深く見守りながら、彼らの利益を守るためにフランス人選手に長期契約をオファーする可能性がある。

アーセナルとニューカッスル・ユナイテッドも最有力候補を監視しているが、チェルシーがレースでリードしているようだ。 ガナーズはフォラリン・バログンを放出した場合にのみ別のストライカー獲得に動く可能性が高いが、マグパイズは現在の移籍市場でストライカーを早急に必要としていない。

さらに、チェルシーは日本人候補の後藤圭介に注目しており、彼を獲得し、その後レンタルすることを計画している。 若い才能の確保に戦略的に重点を置いているクラブは、将来に向けてエキサイティングで競争力のあるチームを構築するという彼らの取り組みを示しています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here