ドイツのクラブ、メディア権獲得のための20億ユーロのプライベートエクイティ契約から撤退

5月25日 – ドイツフットボールリーグ(DFL)は、ブンデスリーガのメディア権の株式に対する20億ユーロのプライベートエクイティ資金提供の可能性から撤退した。

DFL監査役会のハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長は、DFLが外部投資家の参加を認める投票で3分の2の過半数に届かなかったと述べた。

フランクフルトに存在する36のプロクラブのうち、賛成票は20票、反対票は11票、棄権票は5票だった。

この提案では、当初の価格は株式20%の36億ドルで、新会社に権利が与えられ、会社の評価額は180億ドルになるというものだった。 報道によると、修正された契約では民間資本から少なくとも20年間、ブンデスリーガのメディアマーケティング収入の12.5%のシェアを得るために20億ユーロのオファーがあったという。

Advent、CVC、Blackstone がこの事業の株式取得の候補者だったと伝えられている。

ボルシア・ドルトムント(BVB.DE)の責任者でもあるヴァツケ氏は次のように述べた。 それが民主主義だ。」

DFLがプライベート・エクイティ市場で成功したのはこれで3回目だったが、うまく会話を進めることができなかった。

ヨーロッパのリーグは、収益源を強化するために、放送契約を通じて外部資金調達の機会をますます模索しています。

2021年、スペインのラ・リーガはCVCと27億ユーロの契約に合意した。 その見返りに、投資会社はリーグの商業活動のほとんどをコントロールする新規事業の10%を受け取った。 フランスのリーグアンはメディア権の株式としてわずか10億ユーロを調達した。

ブンデスリーガは、イングランドのプレミア リーグに次いで、収益の点でヨーロッパで 2 番目に大きいリーグとしてランクされています。

この記事の著者に連絡するには、次のアドレスを選択してください。 モックル1685057925研究室1685057925オフドル1685057925オウェディ1685057925スニ@アイ1685057925ツナック。1685057925アードニ1685057925マス1685057925

Related articles

Comments

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share article

Latest articles

Newsletter

Subscribe to stay updated.