過去10年間の選手売却利益の観点から、プレミアリーグの「ビッグ6」は何位に位置するのでしょうか?

フットボールのビジネスの一環として、クラブが選手を放出する際にどのように対処するかは、一般的にクラブがビジネス条件でどの程度うまく設定されているかを示す合理的な十分な指標であり、プレミアリーグの「ビッグ 6」にとって、選手の販売から相応の金額をもたらす必要があることは明らかです。

スイス・ランブルは最近、イングランドのトップリーグのチームに関わるサッカー財務のさまざまな側面について分析を実施したが、その一側面としては、特に選手の売り上げに関連した2012/13シーズンから2021/22シーズンまでの10年間にクラブが得た利益が挙げられた。

上の図を見ると、7億600万ポンドの利益をあげてこの特定の順位表の最上位にいるチェルシーと、わずか1億2300万ポンドの利益で最下位近くに位置するウェストハムのようなチームとの差を見るのは興味深い。

ビッグ 6 のもう 1 つであるリバプールはブルーズに次ぐ 2 位ですが、利益は 3 億 8,500 万ポンドで大きく後退しており、トッテナム ホットスパーが 3 億 5,600 万ポンドでそれに続きます。

マン・シティは3億2,800万ポンドで5位、アーセナルは3億1,800万ポンドで6位となっている一方、かつてはこのエリートグループの一員とみなされていたエヴァートンは3億3,600万ポンドでこのリストの4位に入っている。

マン・ユナイテッドのサポーターが嘆くほどではなかったとしても、レッドデビルズがその10年間で選手の売り上げからわずか1億3,300万ポンドしか確保できず、20チーム中15位に終わったことをみれば、グレイザー家に向けてさらに弾を与えることになるだろう。

過去10年間の選手売却益でプレミアリーグの「ビッグ6」は何位に位置するのか? 最初に登場したのはCaughtOffsideです。

Related articles

Comments

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share article

Latest articles

Newsletter

Subscribe to stay updated.