WWC2023 が入場者数記録を更新、オーストラリアがチケット販売で首位

7月25日 – FIFAは、オーストラリアとニュージーランドで行われる女子ワールドカップは、大会開始5日目で150万枚以上のチケットが売れたことを受け、大会史上最高の観客動員数となるだろうと発表した。

フットボール・ファーンズがフィリピン戦で苦戦する中、FIFAはニュージーランド人がこのトーナメントにあまり関心を示していないという懸念を和らげた。

カナダは、2015 年に 135 万人のサポーターが改札口を通過したとき、これまでで最も多くの参加者を集めた女子ワールドカップを開催しました。 オーストラリアはチケット販売の最大のシェアを占めており、110万枚以上が取り込まれています。

フットボール・オーストラリアのジェームズ・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は声明で「この大会は歴史を作っており、開催国として我々はうれしく思う」と述べた。 「チケット販売だけでなく、放送視聴者数、ファンフェスティバルへの参加、グッズ販売などでも女子サッカーへの支持が急増している。」

この大会の最初の16試合の総入場者数は45万9,547人、平均2万8,721人で、2019年にフランスで開催された前回大会の最初の16試合の2万1,756人と比べて54%増加した。

トーナメントの初日は、スタジアム・オーストラリアでのマチルダスの対アイルランド戦の幕開けに75,784人のサポーターが集まり、オーストラリア女子代表チームの試合としては最大の観衆となり、すでに記録を更新した。

「オーストラリアの国民は、この試合とコムバンク・マチルダスをどれほど愛しているかを示しており、全国のすべての試合で多くの成績を収めてきました。私たちは彼らの格別なサポートに感謝しています」とジョンソン氏は語った。

ニュージーランドでは大会前にチケットの売れ行きが低迷しており、決勝戦前夜、FIFA会長のジャンニ・インファンティーノ氏と同協会事務総長のファトマ・サモウラ氏がキウイにチケットを手に入れるよう呼び掛けた。 開幕戦には42,137人のファンがイーデン・パークに詰めかけ、ニュージーランドのサッカーの試合としては過去最高を記録した。

グループステージ中にニュージーランドを遠征していたインファンティーノは声明の中で、両開催国に感謝の意を表した。

「私たちをここに受け入れてくれたニュージーランドとオーストラリアに本当に感謝しています。 私たちはサッカーが世界を一つにする、とよく言います。 ニュージーランドとオーストラリアが世界を団結させています。 彼らは私たち全員、ボランティア、警察官、従業員全員を歓迎します。 (FIFA女子)ワールドカップに何らかの形で関わっている人たちは皆、素晴らしい仕事をしてくれています。 歓迎的で、温かく、笑顔があり、これは本当に貴重なものです。」

この記事の著者に連絡するには、次のアドレスを選択してください。 モックル1690316174研究室1690316174オフドル1690316174オウェディ1690316174スニ@アイ1690316174ツナック。1690316174アードニ1690316174マス1690316174

Related articles

Comments

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Share article

Latest articles

Newsletter

Subscribe to stay updated.